時間が永遠に続くように、社会も常に変化していくものであり、企業も個人もその変化に適応すべく日々成長していかなければならない

2004年、LED照明分野のベンチャーとして株式会社ファーストシステムを立上げ、18年目を2021年度は迎えます。創造し時代に合わせて変化していくこと、常にブラッシュアップした新製品を市場にご提案することを、弊社のLED業界での存在意義であると、また、そのことによって日本社会へ貢献するという考えのもと、社員一丸となって事業活動に取り組んで参りました。

2020年度の2月中旬より新型コロナウイルス(COVID-19)の国内感染が広がりだし、弊社が設立より体験したリーマンショックや東日本大震災などとは比較にならない経済ダメージをもたらし始めています。COVID-19の影響は、今後も継続するものとの役員会での見解を共有しており、人命第一優先、経済活動は時の判断としての経済活動を目標としています。

昔から言われている「強い者が生き残る訳ではなく、変化に適応できた者が生き残る」という人間の英知ともいえる「適応能力」を発動し、更なる個人的・社会的成長を試される時代を迎えました。With COVID-19という新しい生活様式を社員一同、必然として取り入れ、目に見えないウイルスと共存する社会活動に適応する企業として、古い習慣は捨て、前向きに再構築し終息宣言後近くに最高利益を上げることができる社内体制を確立します。

どんな時代であれ「何事も超えてゆく創造性:必ず成し遂げるという推進力:日々ひた向きな努力を重ねる忍耐力:社会のお役に立つという社会人としての基本理念」の4つを保ち続けること

世の中にないLEDの価値を生み出すことを初心として取り組み続け、常に新商品の開発を続けてきました。この創業当時から本来の目的を見失うことなく、社員一同行動し続け今年度も新製品を準備しております。但し、弊社はCOVID-19の終息までの期間においては、武田信玄公の言葉を引用すると「風林火山」の「動かざること山の如し」という時期であると考え、社内での商品の再構築を徹底的に議論し、新しい時代を迎えるにあたり、新しい世の中に必要な商品をお届けする準備を進めております。皆さまの社会生活の変化や地域性を考慮し、現段階での積極的な営業活動や外出には企業制限を掛けて、新しい企業様式が定着した段階で新製品を続々とご提案させて頂きます。

「お客さまから必要と言って頂ける新しい商品を開発し、お客さまの利益に貢献する」という当たり前のことを、社内で共有し、世の中にないLEDの価値を生み出すという本来の目的を常に見失うことなく基礎研究や様々な協力企業さまとの応用研究を常にひた向きに続けることにより、お客さまに2021年度の現時点で世界最高峰のLED商品と言って頂ける商品を必ず生み出します。

LEDにできること、First Systemだからできること

当社の経営において2021年度はWith COVID-19の社会様式への従業員の定着、そこから始まる新企業様式での企業スタイルの再構築を行い、来る新しい時代の準備を進め、今年度中には来年度の利益体質の健全化を行います。2020年度は国内市場に対しては過去の商品の概念をリセットする新しい時代を切り開く商品の先行市場試験の開始、また大きく成長余地のある海外市場においては、現地原産でのモノづくりを考えWith COVID-19の新様式に合わせた形で進めて参ります。

LEDの価値を最大限に引き上げることを社員一人ひとりが常に意識し、弊社が作り出す価値が社会の皆様のお役にたてますよう、常に業務に取り組んで参ります。

株式会社ファーストシステム 専務取締役
松井 超