ADASについて

ADASとは、先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System)のことで運転中に危険な状況または、危険が予見される場合にドライバーに警報することを目的とした予防安全システムの総称です。
私たちはこのADAS技術を用いて複数の予防安全ソリューションの提供を開始致しました。

現代社会では、交通事故の被害を最小限に抑える時代から発生を未然に防ぐことに重点を置いた時代に突入しています。
ドライバーが車を運転するとき、認知→判断→操作という一連の動作が必要になりますが、ADAS技術により、ドライバーの動作を支援することで交通事故の発生を未然に防ぐことに貢献します。

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

 

交通事故の発生について説明する際に使用される「ハインリッヒの法則」と呼ばれるものがあります。
この法則は、1件の重大な事故が発生するには背後に29件の軽微な事故と、300件の事故にまで至らないが重大な事故につながる危険を秘めたヒヤリ・ハットが存在するというものです。
ADAS技術を持つ製品は、ドライバーへ事故発生の危険性を注意喚起をすることで、ヒヤリ・ハットの発生を抑え、結果的に重大な事故の起こる可能性を抑止することに貢献します。

ADAS技術紹介映像

ADASの技術を分かりやすく動画で説明しています。

製品情報|ロードスコープ7

ADAS技術を用いて設計された製品です。7つの予防安全機能を持ち、事業用自動車で特に重要となる機能・警報の正確性を高め、大型トラックやバスなどの業務用車両にも安心してご利用いただけます。